忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/04/26

Rewriteクリアしました~。

MHFじゃなくて別ゲームの話になります。
苦手な人や、ネタバレは少しでもイヤという人はスルーでお願いします。
すごいネタバレもしないつもりですが・・・。
というか私が正直最後までやっていろいろわかってないので(汗)。
(といいますか、くりゃんつくんあての私信です、ほんと。全然感想になってないよ、ごめんよ!)

り~らいと~。
 


出てくる女の子5人ルート、Moon、Terraで終了みたいですが。
私がクリアした順で書いてみます、はい。
個人的意見なのであたたか~く見守ってほしいであります、はい。
女の子みんな可愛かったよと。

最初が小鳥ルート。これは固定なのかな?
背景をつかむのに、ちょうど中間みたいな立ち位置の小鳥さんなので
そのあたりもよいなあと思いました。
ガーディアン、ガイア、鍵とドルイド、いろいろ説明がてら入りやすくなってるかと。
ちびもすや小鳥両親の流れもkeyらしくて私は好きでした。
そして吉野くん、そうだったのか!!!!(汗)
吉野くんいいよね。本気でぶつかってきてくれる人て本当に貴重ですもんね。
小鳥と瑚太朗を応援したくなります、というか、してました!(笑)
最初は聖剣伝説1のヒロインみたいなんじゃないかと思ってましたが
(最後ヒロインはマナの樹になってしまうのでした。)
いい意味に裏切られて、良かったです。
ラストの小鳥さんの中の人の演技は素晴らしかったです。泣いたよ。

次静流ルート。何気に彼女が一番考えとか大人な気がします。
さんまエピソードは心があったかくなります。そして切ないけどね。
オッドアイ設定は定番すぎるかもですが、うん、こういう話ではありかと。
5人の中で個人だけでいうなら最強ではないですか。小さいけど最強。イイ。
ぱにとギルですが、魔法少女系なものとかでてきそうなキャラですね。
最初あのアニメOP(ゲーム中ではセカンドOP)で見たときは「おぉい・・・」と
思ったんだけども、可愛いからいいや。うん、気にいったらいいんだよ!(こら)
最後のほうのちはやがでてくるあたり、静流もちはやもいい子でツライ。
どうしてこうなるんだろうね~・・・ともやもやしつつ、
ラストはせつなくあったかく終わったように感じました。keyらしい、すごく。

ちはやルート。え~・・・すいません、key版Fateかと思ってしましました(汗)。
アクション要素やミドウさんがらみはもうちょっと濃くてもよかった気がします。
ミドウさんはもっとやってくれると思ったんだ・・・。もうちょっとあがいて欲しかったよ。
西九条先生の切り替えぷりがステキ。できる女性は違うんですね、はい。
某召喚シーンは好きだったので許す!私がいいと思ったからそれでいいです!
そゆわけでちはやさんと咲夜さんの主従関係が好きです。
恋愛感情とかがあってもいいんだけども、なんだろう、ないからこそいいなあと。
父性愛的な感じに弱いんじゃないのかしら、私は・・・(今更な)。
あとねえ・・・桜とか執事とか・・・いろいろおいしいとこいっぱいですねえ(笑)。
うん?私咲夜さん好きみたいよ?

ルチアルート。最初がね~なんというか、怪談というか呪い系だったので
びびりな私は実は怖かったです、このまま終わらないだろうとは思ったけども(泣)。
ん~・・・このルチアさんシナリオ担当は竜騎士さんなのかな?だと、おもうんですけども・・・。
ひぐらしやうみねこの圭ちゃんみたいに瑚太朗くんがなっていく気がしないでもないです。
どんな人と付き合うかによって、その人は変わっていったりするとは思うので
そう考えれば・・・まあ、うん。ルチアVS静流のところはオートだと早すぎて読めない(苦笑)。
スピード感は一番あったところじゃないかなあ。
テキストというより、本当に文字通り字の流れが早いんですけども(汗)。
評価が分かれそうなルートだなあ・・・。私はわりと好きですよと。
ルチアさんの背景とか(手袋してるところね)設定を活かしたシナリオだったと思います。
・・・ひまわりっていいよね。

朱音ルート。オカルト研究会といいつつ、オカルト否定する人だったわけですが。
設定を知っていろいろ納得。本当にある意味魔女になってしまう彼女であります。
瑚太朗くんとの関係がちょっと描写曖昧な気が。て、そういうものなのかな?
このルートがある意味一番大人向け描写があいそうですね・・・(こら)。
話の終わりの方でようやくそれなりにきちんと出てくる聖歌隊の歌ですが
綺麗なんだけどそれだけじゃない音がとても良かったです。私は好きです。
しまこちゃんもっと話からんで活躍してほしかった。ラストの彼女には切なくなりましたよと。
でもなんだろう・・・辛いんだろうけど、朱音さんと瑚太朗くんは幸せなんだろうなと
感じるラストなんじゃないかしらと。
これを最後に持ってきたのは私的にはあたりだとおもいます。はい。

長くだらだら書いてるだけでまとまっていない!(汗)
続いて締めくくりにはいるMoonとTerreですけども、そこは私が頭で消化しきれてないので
ざっくりとだけ。

keyゲームはタイトル画面が変わってから本番なわけですが。
Moonは個人的には戦いシーンはもっと濃くてもいいと思います。
このシナリオ、どう感想いったらいいのか・・・難しいです。
みんな集合!なところは好きなので、もっとそれを強く描いてくれてたらなあ・・・。
あ、咲夜さんは笑いました、あんなの違う!チガウよ!(笑)
このシナリオが一番ファンタジーだと私は感じました。

ラストTerreです。
ようやく「鍵」こと、篝さんルートですが。
キャラがそうだからか、幻想的な背景グラフィックが多いですが、キレイであります。
う~ん・・・私このルート全然理解できてない気がします。
立ち絵もなかった人とか、いままでちょっとしか出てない人も絡んできたりします。
しかしながらいままでの5人はほとんど・・・ほとんど・・・(泣)。
しかしこれ、恋の話なのか、哲学なのかと。わかりません・・・。
クリア後に考えてしまってるから、私的には哲学なのかな。
いろいろ思う、考えるというところで正解なのかな。う~ん。
主人公瑚太朗くんこのルート声はいりまくり。
有名なのはブリーチの一護さんなのかな?(私ブリーチわかりません;)
違和感は私はなかったです。というか良い演技でございました・・・。

Rewriteの世界はとても良かったと思います。設定と言いますか。
厨ぽい(こら)設定を活かしてもっとそっちで進むと思ったのですけども。
そのほうがよかったんじゃないかなと正直思うのですが。
なんだろう、瑚太朗さんが大人になったことにしっくりこないというか・・・。
あとあれです、なんだかんだいって、みんなで協力して篝さんを守る的なルートかなと
ずっと思ってたからなんだろうなあ・・・それじゃありきたりなのかな。
守るというか、う~ん、「よい記憶」をみんなで見せるEDといいますか。
瑚太朗さんがみんなを裏切ってもという、孤独感出すためなのかな。
無理やり世界観にあてはめてる気がちょっとするかなあ・・・。
このゲーム、絶対評価分かれるとおもいます。

音楽はとてもよかったです。
EDの曲それそれが深くて優しかったです。
いまアレンジCDきいてますが、やっぱり元のがいいなあ・・・(笑)。

一応公式にのってないキャラのことは伏せてますが
今現段階で思うことをざっとかいてみました。
思いっきりネタバレするならいろいろかけるところもあるんですが、
そこまでは今の段階ではしたくなかったのでこのあたりで・・・。
文が足りてなかったり、違うだろう!ということがあるとは思いますが
大目にみてくださいませ(汗)。

いままでのkey作品と違って、オススメしにくいゲームではありますが
私はゲームを終えた後も、もやもや考えてしまうときは
私にとって広い意味で「よい記憶」になってるととらえてます。
ああこう言いたいのは好きだからだと、そう思っています。
PR

2011/07/02 ゲーム Trackback(0)

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 
 
リンク
 
MHF・攻略ブログ  
 
カテゴリー
 
 
 
最新CM
 
[04/29 sabine]
[01/13 sabine]
[12/25 sabine]
[12/24 sabine]
[12/22 sabine]
 
 
最新記事
 
(05/20)
(04/27)
(12/21)
(10/02)
(10/02)
 
 
プロフィール
 
HN:
かおりん
趣味:
ゲームしたり絵を描いたり。
自己紹介:
双剣がすきです。
フリーダムランド8に生息。
チャット大好きです。
たま~にやる気だしますが
基本まったりしてます。

SRは
双SR999/弓999/笛722
片833/軽705/槍703
大剣206/太刀999
銃槍202/槌211/重999
(2013/4/17現在)
秘伝はアメジスト、ラズライト
ラピス、ターコイズです。

猟団7-Lite-Jpの団長してます。
みんながいるから楽しめる。

2013/4/17追記
同盟先だった団のメンバーとか
うちの団メンバー詳細は
近いうちにてこ入れします。
今は気持ちの整理がつかないので
もう少ししたらまとめます。
 
 
バーコード
 
 
 
RSS
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析